上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
[待ちぼうけの公園で…]
作詞:不明 / 作曲:不明

夕日が沈むあの公園で僕の名前を呼ぶ君の声
遅れてごめん その一言さえ
届きません 届きません

待ち続けてる君の横顔を日が暮れるまでずっと眺めてた
さよならさえ 言えなかった
さよならさえ 言えなかった

出来る事なら僕を忘れて 寂しいけれど 直ぐに慣れるよ
最後にもう一度抱きしめたい その気持ちさえ もう届きません

九月終わりの風が切なく どうしようもなく愛しくて
一秒でもいいほんの少しだけ 神様願いを叶えて
焼き爛れた 写真の二人は

やがて君は運命の人と

君は 君は この僕の事ずっとずっと忘れはしないと
あの大きな桜の木の下で ずっとずっと君は泣いていて

一人ぼっちがただ怖かった 泣いてる君を見て触れなかった
僕はここに居る ここの居るよ だから寂しがる事はないよ

夕日が沈むあの公園で 僕の名前を呼ぶ君の声
愛しています その一言が
届きません 届きません
焼き爛れた 符合の写真は

とても小さく 擦れてた声を

君はこの僕の事 ずっとずっと忘れはしないと
あの大きな桜の木の下で ずっとずっと君は泣いていて

君は君はあの頃と 何も何も変わる事もなく
あの大きな桜の木の下で ずっとずっと僕の事待っていて

思い出詰まったアルバムに
何でもかんでも呟いて
泣き疲れて眠る君を見ていました

大きな桜の木の下に 思い出いっぱい詰め込んで
僕の帰りを待つ君を眺めていた
スポンサーサイト

2007.10.23 
Secret

TrackBackURL
→http://tamanw.blog97.fc2.com/tb.php/31-e3685245
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。